ホワイトボードに印刷できる種類

真っ白なホワイトボードに手書きで表などを書いて管理や予定などを書き込む場合、使用していると表が消えていったり、消さずにずっと置いていくことで消えぬくくなったり、黒ずんで汚くなってしまうこともあります。そんなときは業者に頼んですでに表などが印刷されているものを購入することができます。予定表などの既製デザインなどもありますが、自分でデザインをして入稿することで世界に1つだけのオリジナルのものも作ることができます。ペンの色などは黒や赤などの色が主流で変わった色などは少ないですが、枠内の背景に色をつけたり、会社名をフルカラーで印刷してみたり幼稚園であれば子供向けのイラストをいれることもできます。 1から表をすべて手書きするよりも業者に頼んで制作してもらえれれば、見やすく管理もしやすいものになるでしょう。

その場所に適切なものを選ぼう

基本的には足にキャスターがついて移動できるT字ようなものが主流ですが、中にはL字といった壁にぴったりと合う形でスペースを節約できるようなものもあります。また壁掛けといった壁にかけて使用するというものまであります。 T字のものはキャスターがついているので別の部屋に移動させたりすることができますが、やはり場所をとってしまうというデメリットがあります。L字は壁にぴったりフィットすることができるので場所をとることはありませんが、ボードが大きい場合移動させたり持ち運ぶということが大変なことがあります。壁掛けタイプのものは場所すらもとらないので便利ですが、壁にかけるので大きなサイズはありません。 何に使用したいのかを考えて使用用途にあったものを選ぶようにしましょう。

材質で変わるホワイトボードの種類

ボードに使われている材質の種類は主に2種類あってホーロー板面とスチール板面になります。それぞれ筆記面に特徴があります。 スチール板面は筆記面が鉄板で材質が亜鉛メッキをした鋼板になります。表面に紫外線硬化型アクリル塗装を施しています。これによって表面硬度が硬く、なめらかになりペンで書きやすくきれいに消えるようになっています。また、表面には耐薬品性があり鉄板のためマグネットが使えることができます。 ホーロー板面も鉄板ではありますが、ホーロー用の特殊鋼板です。ニッケルメッキやアルミメッキを施した後、表面にガラス質の釉薬を塗り、高温焼付け接合したものになります。これによって書き味がなめらかで丈夫で消えやすいものになります。 それぞれの違いを比べて自分にあったものを選びましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加