印刷されたホワイトボードの価格の相場

ホワイトボードを使用したい場合、それを扱っている業者の元で購入するのが一般的な方法です。その時に印刷されたものを交流するのか何も無い無地のものなのか、壁掛けかそれとも足にキャスターがついているタイプを購入するかで相場が大きく変わってきます。 壁掛けのボードの場合、何も書いていない無地のタイプのものはサイズが大きくなっても比較的安価で購入することができます。しかしそれに予定表などを書こうと思った場合すべて自分で手書きで書かなければいけませんし、ボードの用のペンはこするだけで文字がかすれてしまったり、はたまたずっとボードに書かれたまま放置してしまうとこすっても落ちなくなってしまったりボードに黒く汚れが残ってしまいます。そんなときにすでにボードに予定表などの枠が印刷されているものを購入されはそのような手間やデメリットははぶくことができます。しかし突然ですが、無地とは違って印刷をしているので同じサイズでも無地よりかは相場は高くなっています。

そのほかのホワイトボードの相場について

壁掛けのほかに足にキャスターがついたT字の両面足つきのものと壁にぴったりとくっつけることができるタイプのL字の片面足つきのものがあります。このタイプのものは元々小さいサイズというものは少ないので少し大きめのサイズからになりますがT字のほうはボード面が両面になりますので片面であるL字より値段は高くなってしまいますが、どちらを選ぶかは使用する場において考えて選ぶとよいでしょう。 それよりも金額に大きさな差がでるのはスチール製品かホーロー製品かになります。スチール製品のほうがホーロー製品より安くなっており、それぞれ製造方法が違っておりサイズや重さが同じでも金額に大きな差がでてしまいます。どちらを選ぶかは2つの製品を比べてみて自分が納得するほうを選びましょう。

送料について

ホワイトボードなどサイズが大きな買物をしてそれを全国どこでも届けるということになるとそれなりの送料というものは発生してしまいます。しかし購入した金額に応じてその送料が無料になることもあります。その金額は業者によってそれぞれですが、大きな買物をしても送料が無料としてのは魅力が大きいはずです。 元々金額が大きな物を買った場合はそれだけで業者指定の金額に到達することがありますが、サイズが小さくて安価なものを買っても金額やサイズが大きなものと同じ送料が発生することがほとんどです。そのような場合はペンやボードに紙を貼り付けるマグネットなどを一緒に購入することで指定の金額に到達することができます。いらないものであれば無理に買う必要はありませんが、違う場所で購入するのですれば一緒に購入してしまえばよりお得に購入することができるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加